17:44 2021年10月17日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

4日にフィリピン南部スルー州のホロ島で発生した同国空軍の航空機墜落事故に関して、ロレンザーナ国防相が同事故の調査を命じた。

事故を起こしたのは96人が乗っていた空軍のC130輸送機(ロッキード社製)で、着陸時にオーバーランし、付近の町に墜落したとされる。この事故で搭乗していた47人と3人の住民が死亡した。

同機には対武装勢力作戦用の部隊が搭乗していたが、同機への攻撃は確認されていない。スルー州はイスラム過激派の拠点とされる。

同国軍によれば、現在、フライトレコーダーの捜索が行われており、調査が終了次第、結果を発表するという。

タグ
フィリピン, 事件
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント