20:04 2021年08月01日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

極東カムチャッカで発生したロシア旅客機An-26の墜落事故で、25体の遺体の断片が救助隊によって発見された。

救助隊は「墜落現場での捜索活動を継続している。最新のデータによると、救助隊は犠牲者25名の遺体の断片を発見した」と発表した。

発表によると、遺体4体についてはDNA鑑定を実施することなく確認できるという。

7月6日の昼、極東ペトロパブロフスク・カムチャツキーとパラナ間を運行していたカムチャッカ航空会社の旅客機An-26墜落した。機内の乗客は28名で、生存者はいない。救助隊がブラックボックスを1つ発見したが、フライトレコーダーはまだ見つかっておらず、捜索を続けている。

関連ニュース

タグ
ロシア, 事故, 飛行機, 墜落
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント