05:13 2021年07月26日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

イラク南部ジーカール県にあるナーシリーヤ市の病院で火災が発生し、犠牲者の数は40人となった。病院は新型コロナ病棟に指定されていた。少なくとも70人が救助されたという。テレビチャンネル「アル=アラビーヤ」が12日に報じた。

事前の情報によると、火災の原因はイマーム・フセイン病院での酸素ボンベの爆発とされている。

テレビ局の映像には、炎が建物すべてを包み込んだ様子が見られる。

​現在も数十人が病院から脱出できていない。消防士が消火活動にあたり、火災の規模を縮小することに成功した。

先に、30人の死傷者が報告されていた。この事件に関して、地域の保健省は非常事態を発表した。地元メディアによると、イラクのムスタファ・アル=カーズィミー首相は災害現場に向かった。

イラクでは4月末にも首都バクダッドにある新型コロナ病棟で火災が発生し、82人が死亡、少なくとも110人が負傷した。

関連ニュース

タグ
災害, 火事, イラク
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント