13:03 2021年09月18日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 13
でフォローする

米国防総省は、同省の建物の付近で起きた銃撃事件により、警察官1人が犠牲となったと発表した。

現地時間3日午前、米ワシントン郊外にある国防総省の建物前のバス停留所で銃撃事件が発生。国防総省は一時封鎖された。

国防総省はツイッターで「国防総省での事件により犠牲となった警察官の悲劇的な死を悼む」と綴った。

​AP通信は、警察官は刃物で刺され死亡したと報じている。犯人は警察官の銃撃により死亡した。

また、2人の警察官が銃撃を受け負傷したという。

米連邦捜査局(FBI)は事件について捜査中。国防総省警察は、犯人の動機が不明であることを指摘し、事件がテロであったかどうか結論を出すには時期尚早だとしている。

関連ニュース

タグ
米国, 米国防総省・ペンタゴン, 事件
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント