14:50 2021年09月23日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

メキシコのイダルゴ州トゥーラで7日、河川が氾濫し洪水が発生。コロナ患者受入病院では浸水により停電が生じたため、酸素投与が中断。17人が死亡した。同国のアンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール大統領が発表した。

イダルゴ州トゥーラでは6日夜に降り始めた大雨により河川が氾濫し、市内の病院の1階が浸水。これにより、院内に電力を供給していた変圧器が故障した。同市の10地区に避難警報が発令されていた。

​ロペスオブラドール大統領は、自身のテレグラムに「イダルゴ州トゥーラでの洪水により、メキシコ社会保障研究所(IMSS)の病院で17人の患者が犠牲となったことを非常に悲しく思う。メキシコ盆地全体での大雨は、今後も続くだろう」と記した。

関連ニュース

タグ
メキシコ, 災害
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント