01:07 2021年09月26日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 03
でフォローする

メキシコ南西部でマグニチュード7.1の地震があり、約160万人が停電の被害に見舞われた。メキシコ連邦電力委員会が発表した。

同委員会はサイトで「メキシコシティ、メヒコ州、ゲレロ州、モレロス州、オアハカ州で160万人のユーザーが被害を受けた。これは、これらの州と首都の消費者全体の13%にあたる」と発表した。

委員会は迅速支援プロトコルの枠内で、電力の緊急復旧に取り組んでいる。

​メキシコで7日、マグニチュード7.1の地震があった。震源地はゲレロ州。地震発生から一時間半の間に余震が続いた。

​政府が現時点の情報として伝えたところによると、ゲレロ州で1人が死亡した。なお、大きな被害は出ていないという。

関連ニュース

タグ
メキシコ, 地震
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント