09:30 2021年10月18日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 30
でフォローする

日本の静岡県熱海市で7月に発生した大規模土石流をめぐり、遺族や被災者などが、起点となった土地の不適切な盛り土が原因だとして、土地の所有者らを相手取り、約32億円の損害賠償を求めて提訴した。日本のマスコミが報じた。

NHKによると、訴えを起こしたのは、遺族や行方不明者の家族、そして被災者の計70人。原告らは、土石流は不適切な盛り土が原因で引き起こされた「人災だ」と主張し、盛り土を造成した不動産会社の代表や、現在の土地所有者などに対して約32億円の損害賠償を求めている。

日本の静岡県熱海市で7月、土石流が発生し、大きな被害をもたらした。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント