12:29 2021年10月16日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 24
でフォローする

日本の航空自衛隊の多目的戦闘機F-2から重さ90キロの風防(コックピットの透明なフェアリング)が国籍不明の外国機の迎撃で高速飛行している際に落下した。同外国機は日本の空域に接近していた。この風防落下による地上事故は報告されていない。11日、防衛省が発表した。

現在、同機の長さ150センチ、幅90センチの部品の探索が行われている。同省によれば、風防は10日に福岡県の朝倉市山間部に落下したとみられる。

事故発生後、同機はこの地域の航空自衛隊基地に緊急着陸を行った。現在、日本国内では同機と同じタイプのすべての戦闘機の検査実施が決まっている。

老朽化したF-2は米戦闘爆撃機F-16の近代化版で、2000年にはじめて日本の航空自衛隊に配備された。現在、自衛隊はF-2の代わりとなる新しい軍事機の開発について交渉を行っている。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント