09:25 2018年06月18日
戦術航空機先進航空複合体(PAK FA)T-50
© Sputnik /

現時点では、T-50の技術的特徴の本質的部分は機密扱いである。

「PAK FA」に関する情報の大部分は、秘密にされている。そのためТ-50の性能については、大体のことしか分からない。このタイプの航空機シリーズは、現在テスト機の組み立てをしているロシア極東のガガーリン記念コムソモーリスク・ナ・アムーレ航空機工場で組み立てられるだろう。2016年には量産が始まる見込みだ。なお2013年に、このタイプの航空機が軍事用のテスト飛行実施のため、少数ではあるが生産されている。

「PAK FA」をベースとした航空機を輸出するために、インドと共同で、第五世代の最新鋭戦闘機FGFA (Fifth Generation Fighter Aircraft)が生産される予定だ。

なお部隊への供給開始は、2016年と計画されている。2020年までには、新型機からなる最初の空軍部隊がロシアに誕生するだろう。

関連:

欧州の人々は、より発展しているEU加盟国へ移住している
OPEC :参加者、政策、油価変動
タグ
ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

インフォグラフィックをもっと見る