05:24 2017年12月19日
東京+ 1°C
モスクワ0°C
    沖縄 デモ

    日本政府 辺野古移設について合意できず

    © AP Photo/ Eugene Hoshiko
    日本
    短縮 URL
    0 112

    日本の菅官房長官と沖縄県の翁長知事が5日、初会談したが、日本政府と沖縄県は、米空軍の新基地建設に関する意見の相違を解決できなかった。

    翁長知事は、「辺野古の新基地は絶対に建設することはできないと確信している」と述べた。NHKが伝えた。

    安倍首相の「右腕」と言われる菅官房長官と翁長知事は沖縄の那覇市で会談した。

    菅官房長官は、国と沖縄県が話し合いを進めていく第一歩になったとの考えを表した。

    NHKによると、官房長官は会談の冒頭、「日米同盟の抑止力の維持と普天間基地の危険を除去するため、名護市辺野古への移設が唯一の解決策だ」と述べた。

    これに対して翁長知事は、「辺野古の新基地は絶対に建設することはできないと確信している」と指摘した。

    タグ
    日米関係, 沖縄
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント