21:01 2018年09月19日
日本・国交省 操縦室に2人以上いる事を航空各社に義務付け

日本・国交省 操縦室に2人以上いる事を航空各社に義務付け

© Fotolia / Nikolai Sorokin
日本
短縮 URL
0 40

28日、日本政府は、日本の航空各社に対し、飛行機の操縦室に常時2人以上いるよう義務付ける指示を出した。なおこれは、国土交通省の名において出された。

国交省が伝えたところでは、強化扉で仕切られた飛行機の操縦室では常に2人以上の体制を維持するよう指示がなされた。これに関連して航空各社は、然るべく乗員を教育しなければならない。

3月末、欧州航空安全局は、航空会社GermanwingsのA320型機の墜落事故後、操縦室には必ず2人以上いるよう義務付ける決まりを一時的に導入する決定を下した。そうした措置が取られたのは、捜査の結果、事故の原因が、副操縦士が機長を操縦室から締め出し、一人で事故機を操縦した事にあると見られているためで、その後、A320は高度を下げ始め、山に激突した。

タグ
日本関連
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント