19:49 2017年07月28日
東京+ 29°C
モスクワ+ 23°C
    2030年までに日本のエネルギーに占める原発の割合は22%に

    2030年までに日本のエネルギーに 占める原発の割合は22%に

    © AP Photo/ Kyodo News
    日本
    短縮 URL
    0 715313

    28日、日本の経済産業省の諮問機関「総合資源エネルギー調査会」の専門委員会は、2030年時点での望ましい電源構成案を公表した。それによると原子力発電の比率は20-22%となり、太陽光など再生エネルギーの比率は22-24%に引き上げられた。

    これにより原子力エネルギーの割合は、2011年の福島第一原子力発電所での事故発生前の28%から20-22%と低くなり、太陽光・風力などの代替えエネルギーによる発電量は2013年の10%から2倍以上の22-24%になる。

    同時に、国の電力構成における天然ガスや石炭の割合も、2013年の88%から2030年までには56%に低減される計画だ。

    2011年3月に福島で原発事故が起こるまで、日本の電源構成における原発の割合は、28.6%だった。

    タグ
    日本関連, 原発
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント