17:06 2018年06月25日
イチゴ

日本の農家 世界一重いイチゴを栽培する

© Sputnik / Igor Zarembo
日本
短縮 URL
0 70

日本の農家が、世界一重いイチゴを栽培した。The Economic Timesが伝えた。

福岡県で農家を営む中尾浩二さんは、重さ250グラム、高さ約8センチ、幅約12センチのイチゴを栽培した。このイチゴはギネス世界記録に認定された。

The Economic Timesによると、このような現象は、例えば、冷えがイチゴの花に影響して複数の実が一つにくっつくなど、複数の原因があるという。

なお、これまでの世界一重いイチゴは、1983年に英国で栽培された231グラムだった。

タグ
日本関連, 食品
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント