06:59 2017年09月24日
東京+ 19°C
モスクワ+ 8°C
    東京電力

    東京電力 約62万トンの汚染水の浄化処理完了

    © AP Photo/ Koji Sasahara, Pool
    日本
    短縮 URL
    0 33014

    水曜日、福島第一原子力発電所を運営している東京電力は、地上タンクに保管されている高濃度汚染水、およそ62万トンの浄化処理を完了したと発表した。

    東電によれば「作業完了までに、約44万トンの高濃度汚染水が、ALPS(トリチウム以外の62種類の放射性物質を取り除ける『多核種除去設備』。一日の処理能力は最大で約2千トン)で浄化処理された。ただALPSだけでは目標達成に追いつかないため、ストロンチウムだけを処理する設備も活用し、さらに約18万トンを処理した」。

    その一方で東京電力は、ポンプで吸い上げられないタンクの底にたまった水、及び海水を含んだ水9万5千トンの処理にはまだ取り組んでいない。

     

     

    関連:

    福島県沖でマグニチュード5.1の地震
    福島沖でマグニチュード4.8の地震
    福島第1原発で汚染水漏えい
    福島第1 「凍土壁」の試験作業始まる
    タグ
    日本関連, 原発
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント