03:56 2021年04月16日
日本
短縮 URL
0 610
でフォローする

米国の無人機グローバルホークが4機、2日以内に青森県の三沢基地に配備される。三沢市当局が今日発表した。

2機が今日中に基地に到着し、残りが金曜日に到着するという。三沢には既に同種の無人機が数機、グアムから配備されている。

無人偵察機を配備させる決定は、2013年12月に日本政府が承認した自衛隊の装備刷新計画の枠内で、昨年採択された。防衛省はこれまでに2億円を投じて、国土の警備のために無人機を使用する可能性を研究していた。

グローバルホークは連続30時間にわたり、高度15-18kmから監視を行うことが出来、遠方の領海監視に適している。専門家によれば、この無人機があれば、中国と係争を抱えている東シナ海の尖閣諸島の監視を強化できる。

タグ
武器・兵器, 日米関係
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント