12:08 2017年08月18日
東京+ 27°C
モスクワ+ 18°C
    日本 世界最大規模のイランの油田開発に復帰の可能性

    日本 世界最大規模のイランの油田開発に復帰の可能性-マスコミ

    © AP Photo/ Hasan Jamali
    日本
    短縮 URL
    0 90175

    日本は、イラン南西部にある世界最大規模の油田の一つ、アザデガン油田の開発に復帰する可能性がある。共同通信が20日、イラン石油省高官の話として伝えた。

    日本の石油・天然ガス開発企業「国際石油開発帝石株式会社(INPEX)」は、米国による対イラン制裁を受けて2010年にアザデガン油田の開発プロジェクトから撤退した。INPEXの同プロジェクトからの撤退は、2010年10月15日に発表された。

    撤退の理由は公式には明らかにされなかったが、専門家たちは、油田開発への参加によってINPEXは必然的に米国の経済制裁の対象となったはずであり、米国の圧力の下で撤退が決められたに違いないとの確信を示している。
    アザデガン油田は、世界3大油田の一つで、推定埋蔵量は350億-420億バレルとされている。

    タグ
    石油, イラン, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント