04:26 2017年05月28日
東京+ 18°C
モスクワ+ 12°C
    除染で出た廃棄物不法投棄か 当時の責任者逮捕

    福島県、除染で出た廃棄物不法投棄か 当時の責任者逮捕

    © AFP 2017/ TOSHIFUMI KITAMURA
    日本
    短縮 URL
    0 84972

    ことし1月、福島県南相馬市の原発事故の避難指示区域で、除染で出た木の枝などを近くの山林に不法に捨てたとして、警察は、除染作業を行った会社の当時の現場責任者を、放射性物質汚染対処特措法違反の疑いで逮捕しました。調べに対し、容疑を否認している。NHKが伝えた。

    逮捕されたのは、除染作業を行った会社の当時の現場責任者で、福島市蓬莱町の斎藤豊容疑者(65)。

    警察によりますと、斎藤容疑者はことし1月下旬ごろ、原発事故の避難指示区域になっている福島県南相馬市小高区の除染で出た木の枝など、およそ3.4トンを近くの山林に埋めて不法に捨てたとして、放射性物質汚染対処特措法違反の疑いが持たれている。

    ことし2月に除染事業の元請け業者から環境省に連絡があったことから発覚し、警察が現場を掘り起こすなどして捜査を進めてきた。

    警察の調べに対し、斎藤容疑者は「自分は関与していない。埋めてもいないし、指示もしていない」と供述して容疑を否認している。

    警察によりますと、埋められた木の枝などは、合わせておよそ8.5トンに上るということで、警察は、不法投棄の実態解明に向け、捜査する方針だ。

    関連:

    中国、福島の悲劇的体験を考慮し原子力エネルギーを発展
    台湾 福島周辺4県からの農作物・食品の輸入を許可
    タグ
    福島, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント