22:48 2018年07月21日
日本の省庁に対するサイバー攻撃、2014年で二倍に

日本の省庁に対するサイバー攻撃、2014年で二倍に

© Fotolia / Tomasz Zajda
日本
短縮 URL
0 03

日本の省庁に対するサイバー攻撃は2014年、前年比で2倍の264件にまで増大した。共同通信より。

政府はこれに関連し、対サイバー犯罪戦略を抜本的に見直す意向だ。

中でもラディカルな改革として、国家機密に触れる情報を全て「オフライン」化する、というものが考えられている。インターネットで盗み出すことがこれで不可能になる。

折しも今日、官邸では、サイバーセキュリティの向上を担う特別グループの会合が行われた。

そこで、今年最大のハッカー攻撃となった、年金基金のデータベースへの侵入について討議がなされた。攻撃は5月末になされ、125万人の氏名、生年月日、口座番号といった個人情報が盗み出された。

会合に参加した菅官房長官によれば、政府は事態の再発を防ぐため全力を尽くす、とのことだ。

2014年、日本に対するサイバー攻撃の総件数はやはり倍増し、256億6000万件に達している。

政府付属の国立情報通信技術研究所によれば、攻撃の大半は中国からのものである。同研究所は2005年からモニタリングを行っているが、当時は攻撃は年間3億1000万件に過ぎなかった。これが年々増大している。

タグ
ハッカー, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント