09:35 2017年12月12日
東京+ 4°C
モスクワ+ 0°C
    日本の農家 TPPに反対 聖域5品目の保護を要求

    日本の農家 TPPに反対 聖域5品目の保護を要求

    © AP Photo/ Shizuo Kambayashi
    日本
    短縮 URL
    2250

    27日、日本の農業従事者数千人が、東京その他の都市で、TPP(環太平洋パートナー協定)に反対する抗議活動をした。明日28日、ハワイでTPP交渉の閣僚会合が行われる。

    農業従事者達は、日本政府に対し、今以上に国内に安価な輸入食料品が氾濫するのを避けるために米や小麦、牛肉や豚肉など重要な農畜産物いわゆる「聖域5品目」に対する関税を残すよう要求している。

    抗議行動組織者の一人、JA(全国農業協同組合中央会)の加倉井豊邦(カクライ・トヨクニ)氏は「TPP交渉は、我々の生活に大きな関係があるが、それに関する情報が皆に伝わっていない。我々の不満や不安は、限界に達した」と述べている。

    英字紙「The Japan Times」によれば、ハワイでの交渉の前に、5万トンまでの米の輸入には関税をかけないこと、豚肉の輸入税率を大きく下げることなど日本側に譲歩の用意がある事が明らかになり、物議を呼んでいる。

    関連:

    日本政権、「TPP交渉は複数の参加国を抜きにしても締結可能」
    日米 TPP枠内での貿易上の意見の相違を埋められず
    WikiLeaks:EU内の外交官らはTPPを中国と抗争を起こすために米国が仕掛けたプロジェクトと見ている
    TPP加盟で日本は国家崩壊の危険性
    タグ
    TPP, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント