05:57 2018年10月20日
米NSA、安倍首相や日本の大企業に諜報を行っていた

米NSA、安倍首相や日本の大企業に諜報を行っていた―WikiLeaks

© Flickr/ Steve Jurvetson
日本
短縮 URL
1171

米国家安全保障局(NSA)は日本の内閣や三菱などの企業に諜報を行っていた。WikiLeaksが発表した。

WikiLeaksは金曜、「Target Tokyo」と題したリストを公表した。NSAの標的35件が列挙されていた。

NSAは日本企業や政府高官、閣僚、上級補佐官に対し、少なくとも安倍首相の最初の任期(2006年9月-2007年9月)から、諜報を行っていた。

WikiLeaks広報によれば、このデータは「米国による日本政府諜報プログラムの深さを示している。情報は日本の様々な大臣、機関から取られていたのだ」

「このデータは、米国が日本国内の事象について詳しい情報を持っていたことを示している。たとえば、農産品輸入、貿易紛争、WHOドーハラウンド交渉における立場、日本の技術的発展の計画、環境保護政策、原子力エネルギー政策について」

WikiLeaksによれば、米国はまた、日本政府と国際機関(たとえば国際エネルギー機関)とのやり取りも入手していた。

NSAはFive Eyes合意の枠内で、諜報で得られたデータを豪州、カナダ、英国、NZに送っていた。

関連:

TPP合意は国営企業に民間企業と同様に行動する義務を負わせる– Wikileaks
米国は誰よりも人の言う事を聞く
タグ
NSA, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント