07:28 2020年10月26日
日本
短縮 URL
筆者 :
0 113
でフォローする

日本の野党はWikiLeaksが発表した米国家安全保障局の日本政府諜報に関して憤慨をあらわしています。

浜田和幸参議院議員の意見では、このスキャンダルは日米関係に悪い影響をあたえます。

A:なぜかと言えば、安部首相は先の米国訪問でオバマ大統領との間でいろいろと日米の新たなガイドラインを決めたし、あるいは今国会で法案の審議をしている安保法制、そしてまたハワイでのTPP交渉も大詰めを迎えている…そういった日米関係にとって極めて大事な局面に差し掛かっている状況の中で、オバマ政権が日本を信頼せず安倍首相や大臣の電話を盗聴していたという、NSAの主導するスキャンダル問題が出てきたことは、安倍政権及び日米関係そのものに対する信頼を失わせかねない深刻な問題をはらんでいるからだ。

Q:この状況では日本の野党はどうやって活動しますか。

A:野党は、自民党・公明党の与党に比べると数は少ないが、国民世論は、今の安倍政権の強硬な姿勢に対して反発あるいは不安、不信感を抱いているので、そういう国民の間にわだかまっている安倍政権や米国の強引なやり方に対する思いを味方につけて、本当に日本のためになるような政治を追及すべきです。今の政権に委ねていいのかどうか、そういった大きなうねりが出てくるように、もし野党が一体化して国民に訴えることができれば、日本の政治の現状は大きく変わる可能性があるでしょう。 問題は、そうした野党の動きを一つにまとめる事のできる強いリーダーが登場するかどうか、この一点にかかっていると思う。

関連:

米NSA、安倍首相や日本の大企業に諜報を行っていた―WikiLeaks
タグ
NSA, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント