23:37 2018年12月13日
硫黄島 - 鹿児島

硫黄島で火山が活発化

© Flickr/ 【SHIMA TRIP】
日本
短縮 URL
181

東京から南へ1200kmの硫黄島で火山の小規模な噴火があった。日本の気象台の発表。

付近の漁船などに警戒が呼びかけられている。同島には海上自衛隊の駐屯所もある。

火山は100mの噴煙を上げ、マグマも噴出した。自衛隊の駐屯所は島の反対側にある。距離は8km。避難の可能性は明かにされなかった。

第二次大戦中、硫黄島は米日間の激しい地上戦の舞台となった。戦闘で軍人2万9000人が死亡した。

関連:

レユニオン島で火山が噴火
カムチャツカのトバチク火山で新種のダイヤモンドが発見される
メキシコのコリマ火山、活動活発化で危険度が上昇
カムチャッカのアヴァチンスキイ火山の噴火で日本人が死亡
タグ
火山, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント