00:38 2019年09月23日
安倍首相、靖国「軍国主義」神社に供え物

安倍首相、靖国「軍国主義」神社に供え物

© AFP 2019 / Yoshikazu TSUNO
日本
短縮 URL
0 214
でフォローする

日本の安倍首相は第二次世界大戦終戦70年を記念してアジア諸国で日本の軍国主義を連想させる東京の靖国神社を参拝することは控え、かわりに榊の枝を奉納した。

共同通信によれば、奉納は内閣総理大臣としてでなく、自民党総裁の名で行われた。

安倍首相は昨日、戦後70年談話を発表した。しかし近隣諸国はこれに失望した。なぜなら安倍氏は、日本は既に第二次世界大戦中の行動について度々誤っており、その立場に変化はない、と指摘しただけだったからだ。

関連:

小手川大助氏、戦後70年の安倍首相演説より重要なのは国会審議中の「戦争法」
安倍首相:第二次世界大戦における行動に対する「お詫び」の気持ちに変化はない
アジア諸国、終戦70年安倍首相談話に「魔法の言葉」を期待
タグ
安倍晋三, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント