07:02 2018年12月16日
川内原発、不具合発覚で出力上昇作業が延期

川内原発、不具合発覚で出力上昇作業が延期

© East News / AP
日本
短縮 URL
0 41

鹿児島県の川内原発は出力上昇作業を延期した。運営企業の九州電力は、作業延期の原因について、発電に使用した蒸気を水に戻す設備で不具合が見つかったと発表している。川内原発は日本国内では福島第1原発事故以来、初めて再稼動が許可されている。

川内原発は8月11日に再稼動し、その3日後には発電を開始した。日本国内では福島第1原発事故後、48の原子炉が稼動を停止しているが、川内原発はなかでも新たな安全基準に即したテストを通過し、国の原子力規制委員会による再稼動の認可を最初に獲得している。

九州電力の見込みでは21日には出力を91%にまで引き上げ、25日までには全開にまでもっていく予定だった。ところがコンデンサーのポンプのある付近で警報が鳴り出したため、この計画は延期された。九州電力は延期決定について、今後の作業を阻害するものではないと説明している。

川内発電の出力全開の見通しについては、今後発表される。

関連:

川内原発が再稼動後、初の送電
川内原発再稼働で抗議集会
日本、福島第一原発事故後最初の原子炉が稼働開始
タグ
原発
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント