19:05 2018年09月19日
学者ら、桜島に爆発的噴火の恐れを予測

学者ら、桜島に爆発的噴火の恐れを予測

© REUTERS / Kyodo
日本
短縮 URL
0 33

桜島の昭和火口の底に先の噴火による噴出物がたまり、「ふた」と呼ばれるものが形成されている。次の噴火が爆発的なものになる恐れが強いことを物語るものである。京都大学火山活動研究センター 井口正人教授が述べた。

「ふた」は火口を覆っており、内部の圧力が高まっている。爆発力が高まっているということだ。土曜、当局は、桜島の噴火の危機レベルを「4」から「5」に引き上げた。このとき朝日新聞が上空から撮影した映像で、火山性のガスが認められた。

火口はほぼ完全に覆われており、内部の圧力が高まり、爆発力も増大している、と同教授の言葉を朝日は伝えている。

水曜、小規模の噴火があり、火山グローも併発した。桜島付近ではこの1週間で1000あまり火山性地震が観測されている。

関連:

桜島周辺で1100回以上の火山性地震
桜島住民、噴火の恐れで避難準備
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント