13:57 2020年10月27日
日本
短縮 URL
0 315
でフォローする

大阪市長で野党第二党「維新の党」の指導者だった橋下徹氏は、今年10月に新しい会派を立ち上げる意向を明らかにした。今日、氏の報道担当者が伝えた。

それによれば「新党発足時のメンバーは、およそ20人となる模様。主なメンバーは「維新」の元同志達で、最終的なメンバーについては、10月半ばに明らかにされる。

今年5月、橋本氏は、住民投票で自ら提案した「大阪府構想」に支持が得られなかったことから、今年末までに市長のポストを去ると発表した。そして先週、彼は「維新の党」も離党した。土曜日の演説の中で、彼は「3カ月、市長のポストに残り、大阪維新の会を政党にする事に我が身を捧げる」と述べた。

共同通信によれば「維新の党」の現指導者である松野頼久(マツノ・ヨリヒサ)代表は「来週、民主党の岡田代表と会談し、連携プランを示すつもりだ」との事だ。このように近く日本では、野党の再編が本格化しそうだ。

2014年12月に実施された衆議院選挙では、全475議席中、40議席を獲得した。又参議院では、242議席中、11議席を持っている。
イタル-タス

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント