16:23 2019年12月14日
鹿児島・桜島が噴火 火山灰と噴煙700メートルの高さに

鹿児島・桜島が噴火 火山灰と噴煙700メートルの高さに

© Flickr / Kimon Berlin
日本
短縮 URL
0 14
でフォローする

九州・鹿児島の活火山、桜島(1117メートル)の昭和火口で爆発的噴火が起き、火山灰と噴煙を700メートルの高さまで噴上げた。福岡管区気象台が伝えた。

しかし火山学の専門家らは、今回の爆発の規模は、あまり大きくないと見ている。8月半ば、火山活動が活発化したため、気象台は、噴火警戒レベルを5段階のうち4(避難準備)に引き上げた。そのため、3つの地区の住民、71人が避難した。

月曜日、気象台は今回の噴火について「規模の大きな噴火につながるものではない」と判断し、噴火警戒レベルをレベル3(入山規制)に引き下げている。

関連:

学者ら、桜島に爆発的噴火の恐れを予測
桜島周辺で1100回以上の火山性地震
桜島住民、噴火の恐れで避難準備
タグ
火山, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント