02:35 2021年09月19日
日本
短縮 URL
東方経済フォーラム2015 (67)
0 121
でフォローする

日本の国際協力銀行(JBIC)の前田匡史(マエダ・タダシ)代表取締役専務取締役は、ウラジオストクでの東方経済フォーラムで発言し「JBICは、アジア・インフラ投資銀行のプロジェクトに参加する可能性がある」と述べた。

前田代表取締役は「我々は、将来的にアジア・インフラ投資銀行への参加に期待をかけている」との立場を明らかにした。

現在JBICは、ナホトカやウラジオストク港の受け入れ能力拡大プロジェクトを検討中だ。

なお極東におけるインフラについて、前田代表取締役は特に「現時点で存在する二つの弱点(ボトルネック)は、シベリア鉄道の受け入れ能力の低さと、港湾インフラ整備の遅れだ」と指摘した。

トピック
東方経済フォーラム2015 (67)

関連:

東方経済フォーラム参加者「ウラジオストクは21世紀のシンガポールになる」
東方経済フォーラム、東のビジネスに挑むロシアの初演の幕が上がる
カムチャッカ地方知事、東方経済フォーラムは極東に新たな民間投資魅力を開く
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント