23:54 2019年11月21日
日本の人型ロボット「ペッパー」蹴られ「負傷」

日本の人型ロボット「ペッパー」蹴られ「負傷」

© REUTERS / Yuya Shino
日本
短縮 URL
0 66
でフォローする

神奈川県横須賀署は、同市内の「ソフトバンク横須賀」で、店内に置いてあった人型ロボット「ペッパー」を足で蹴るなどして破損させた男性を逮捕した。「ペッパー」は、ソフトバンクが開発した「人の感情を理解する」とされる人型ロボットで、一体150万ドルの価値がある。

Cnetが日本の複数のマスメディアの報道を引用して伝えたところでは、6日、容疑者の石川基一容疑者(60)は、酔っぱらった状態で銀行に立ち寄ったが、そこで腹を立て、店内に置いてあったロボットを足で蹴るなどし、破損させた。

「ペッパー」は、世界で初めて「人の感情を理解する」とのふれ込みで今年夏から日本で発売された。この人型ロボットには、マイクやカメラ、3D-センサーが仕込まれており、人間の表情を認識し、それに反応する事ができ、さらにロボット自身が感情を表す事ができるとの事だ。

報道では、酔っぱらった容疑者がロボットを蹴った事で、移動できなくなった上、機械内部も故障している可能性がある。容疑者は、自分の罪を認めたが「ペッパー」を蹴った動機については、明確な説明はできなかった。マスコミは「店員の態度が気に入らかなかった」「ペッパーの反応が気に障った」などと様々に伝えている。

ロボットに対する、動機のはっきりしない暴力行為は、何も今回が初めてではなく、先月には、社会実験の枠内で米国を旅行していた「人々の助けを借りて旅をする」カナダのロボットHitchbotの腕が、何者かによりもがれるという事件があった。

タグ
ロボット, 事件, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント