02:33 2020年10月31日
日本
短縮 URL
0 024
でフォローする

沖縄県では今日、宜野湾市にある米海兵隊普天間基地の辺野古への移設作業が再開された。この計画に対し、地元住民と県当局は、基地の県外移転を主張して反対している。

共同通信によれば。日本政府は、政府と翁長知事をトップとする沖縄県代表との、ひと月に及ぶ集中協議後、作業再開措置を取った。また反対派の強い要求により、辺野古地区の海底に棲息するサンゴ礁に基地移設が悪影響を与えないかどうかを明らかにする目的で、環境調査も実施された。この間、翁長知事は、安倍首相とも会い話し合いを行った。

会談で双方は、歩み寄りに達することはできなかった。翁長知事は、月曜日にしかるべき声明を発表すると約束している。

一方マスメディアの中には、沖縄県当局は、普天間基地移設問題に関し住民投票実施を検討中だと報ずるものも出ている。投票は来年にも行われる可能性がある。

関連:

沖縄県民も県当局も、日本の安全保障の「犠牲」役を演じるのを望まず
沖縄県知事「新たな米空軍基地建設に反対し、新たなあらゆる措置を取る」
大型台風が沖縄に接近
安倍首相は沖縄を忘れない、沖縄は米軍基地を忘れない
沖縄の空港で、パイロットのミスによりあわや旅客機衝突
タグ
日本, 沖縄
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント