00:52 2019年01月23日
日本、キャビアの輸出国に

日本、キャビアの輸出国に

© Sputnik / Алексей Куденко
日本
短縮 URL
140

日本政府は今日初めて「黒いイクラ」ことキャビアの輸出を解禁した。国際的な供給制限を突破するための手続きが全てクリアされたため。

イクラを輸出する権利を得るためには、チョウザメを養殖する企業全体をカバーする登記システムを創り、国際スタンダードに準拠した倫理規範を構築する必要があった。

ソ連から日本にチョウザメがもたらされたのは1983年のこと。一連の実験の末、2000年代初頭に養殖が開始され、2013年からは国内市場での販売が始まった。養殖は主に九州の宮崎県で行なわれている。2014年度は60kgを売り上げた。価格は品種によって異なり、宮崎産高級種なら20g缶で1万3000円する。

今年は国内で200kgを売り上げる見込みで、輸出は来年から。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント