20:13 2019年04月20日
靖国神社

安倍首相、靖国神社に供え物

© 写真: Wei-Te Wong
日本
短縮 URL
2213

安倍晋三首相が靖国神社に供え物を行った。

首相は中韓の反応を考慮し、個人参拝は控えた。11月初頭に予定されている3か国サミットの開催が中止されるのを恐れた形だ。

靖国神社は第二次世界大戦における日本の軍国主義を連想させ、それを日本の政治家が参拝することは日本が地域帝国主義を再興させる意図をもっていることを懸念させる。靖国には日本が行った様々な戦争で死亡した250万人の兵士・将校の名を記したリストが保管されており、その中には14人の第二次世界大戦における戦争犯罪者も含まれている。

関連:

安倍首相、靖国「軍国主義」神社に供え物
日本の国家公安委員長と女性活躍担当相 「軍国主義を髣髴させる」靖国を参拝
安倍首相 「軍国主義を連想させる」靖国神社に真榊を奉納
タグ
安倍晋三, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント