17:50 2017年11月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 1°C
    ヤクザ、抗争勃発の懸念からハロウィーンを中止

    ヤクザ、抗争勃発の懸念からハロウィーンを中止

    © 写真: Eneas De Troya
    日本
    短縮 URL
    1218740

    日本最大の暴力団「山口組」は、今年9月に組織が分裂して以降、組織間の抗争勃発の危険が高まっているとして、子供向けのハロウィーンイベントの中止を発表した。日本のメディアの今日の報道によると、先日、神戸市の「山口組」事務所に張り紙が出されたという。

    9月初頭、「山口組」が分裂し、血なまぐさい抗争が起きる危険が高まっている。同様の状況は1980年代にも生まれており、数百件の抗争が起き、一般市民を含む死傷者を出した。

    「山口組」はここ数年、神戸市で、10月31日に近所の子供たちにお菓子を配っていた。イベント中に抗争が勃発して死傷者が出れば幹部が責任を追及される、との危惧から、今年のイベントは中止された。「毎年10月31日には、恒例のハロウィーンを催しておりましたが、本年度は諸般の事情により中止することになりました。楽しみにして頂いておりました御子様方には大変残念な思いをさせますが、来年は必ず開催致しますので楽しみにしていてください」との張り紙が出された。

    そこには正確な理由は示されていないが、多くの専門家が、中止の理由はほかならぬ「山口組」分裂にあるだろう、と見ている。分裂の原因は内部の抗争だった。ヤクザの一部が分派の結成を決め、3000人が分離し、「神戸山口組」を名乗った。

    日本の暴力団はここ数年、著しく縮小し、弱体化している。昨年末時点で、暴力団員の数は5万3000人。組織犯罪取り締まり法が採択された1992年より4割少ない数字だ。

    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント