05:15 2017年11月23日
東京+ 6°C
モスクワ-2°C
    日本政府 南シナ海での米艦パトロールに関連し米政府と密接にコンタクト

    日本政府 南シナ海での米艦パトロールに関連し米政府と密接にコンタクト

    © 写真: Youtube/Youtupe Mania
    日本
    短縮 URL
    0 60449

    火曜日、日本の菅官房長官は、米海軍がイージス駆逐艦「ラッセン」を南シナ海の中国の人工島海域に派遣した事に関連して、記者会見で「日本と米国は、互いに密接にコンタクトを取り合っている」と述べた。

    菅官房長官は、東京での定期ブリーフィングで「日米間では緊密な情報交換を行っている」と伝えた一方で「「米国の作戦の一つ一つにコメントは控えたい」と述べた。

    先に報じられたように、米海軍のイージス駆逐艦「ラッセン」は、南シナ海でのパトロール活動に入り、スプラトリー諸島のスビ島及びミスチフ島沖を航行した。

    これに対し、駐米中国大使館は、米政府に「挑発的な言葉や行動を自制するよう」求めた。大使館が発表した文書の中では「米国は、地域の平和と安定維持において責任を持って行動すべきだ」と述べられている。

    米国は以前から、中国による人口島建設や、主権を12カイリゾーンにまで拡大しようとの中国の試みに反対してきた。また日本も、中国のそうした行動に対し再三、憂慮の念を表している。

    タグ
    中米関係, 日米関係, 領土問題, 日本, 南シナ海, 中国, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント