00:12 2018年09月24日
菅官房長官

菅官官房長官 米海兵隊移転先のグアムへ出発

© REUTERS / Yuya Shino
日本
短縮 URL
0 33

菅官房長官は29日、2日間の日程でグアムへ出発した。グアムには、沖縄に駐留している米海兵隊の一部が移転する予定で、官房長官は、移転事業の進捗状況を確認する。

官房長官は、米海兵隊の司令官と会談したり、在沖縄海兵隊の一部が移転する予定のアンダーセン空軍基地を視察する見込み。

NHKによると、沖縄に駐留する海兵隊およそ1万9000人のうち、およそ4000人がグアムへ移転する予定。日本政府は、移転について、沖縄の基地負担の軽減に役立つと考えている。

関連:

沖縄県民 辺野古の埋め立て作業再開に抗議
沖縄でサーファー サメに襲われる
沖縄県知事、米軍基地移設許可を取り消し
民主党沖縄県連・花城代表「沖縄県民は日米両政府に、たらい回しにされている」
沖縄県 国連に米軍基地移設問題への介入を要請
タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント