17:14 2020年08月14日
日本
短縮 URL
1212
でフォローする

日本の温泉の経営者らが刺青を理由に入浴を禁止しないよう要請された。こうした要請を行ったのは日本観光振興協会。サウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙が報じた。

同協会で外国人観光客のインバウンドを担当するシノムラ・ケンイチロウ氏はサウス・チャイナ・モーニング紙に対し、刺青に特殊な絆創膏をはるという発案があることについて、これは名案と語り、温泉入浴は日本に来る観光客の主たる目的だと指摘した。シノムラ氏は、温泉経営者側に刺青をした人の入浴を無理やり許可させることはできないため、スタディー・プロセスで訴えていくしかないとしている。

日本観光振興協会の調べでは国内のホテルの56%が刺青のある人の公衆浴場への入浴を断っている。刺青による入浴制限を設けていないのはわずか30%で、そのうち半数が刺青の人が入浴したことへのクレームを利用客から受けたことがあると回答している。

タグ
観光, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント