02:02 2018年09月24日
高速増殖炉「もんじゅ」原発

高速増殖炉「もんじゅ」の運営者に規制委員会が「不適切」

© 写真: IAEA Imagebank
日本
短縮 URL
0 130

日本の原子力規制委員会は、政府に対し福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」原発の実験原子炉の運営者を安全上の問題から変えるよう勧告した。

共同通信によれば、委員会の田中俊一委員長は13日、馳(はせ)文部科学相に勧告文を直接手渡した。勧告文によれば、「もんじゅ」の運営者である日本原子力研究開発機構(JAEA)は安全な作業を保障するために必要な資質を備えておらず、「不適切」と書かれている。

毎日新聞によれば、「もんじゅ」は通常の原発より特殊な技術が必要なため、原子炉の運営者の交代を要請した場合、原子力機構に代わる新組織を見つけるのは難しく、原子炉自体が閉鎖に追い込まれる可能性もあると指摘している。

「もんじゅ」の原子炉は出力280メガワット。1995年8月から稼動開始したが、4ヵ月後の12月にすでに二次冷却系配管室で漏洩事故が生じている。原子炉は14年の空白期を経て2010年5月再稼動されたが、同年8月、原子炉に3トンもの重さの装置が落下し、再び停止された。

2013年9月、大型台風によってシステムに不具合が生じ、システムは原子炉についての情報をオペレーターへと自動的に送信した。これと同時に台風で起きた地滑りで原子炉から2.5キロ離れた場所を走る、原発につながる唯一の自動車道が遮断されたため、核施設への交通機関の乗り入れが行えなくなった。

タグ
原発, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント