17:51 2017年11月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 1°C
    ヤクザ

    山口組系会長殺害―ヤクザの抗争の始まりか?

    © Flickr/ Ari Helminen
    日本
    短縮 URL
    0 13099118

    15日、三重県で日本最大の指定暴力団「山口組」の2次団体「愛桜会(あいおうかい)」の菱田達之会長が遺体で見つかった。頭部には殴られた跡があったという。毎日新聞が報じた。

    毎日新聞によると、菱田会長は三重県にある別宅で、遺体で見つかった。遺体の両手と両脚は縛られていたという。警察は殺人事件として捜査している。

    8月、山口組は分裂し、傘下にいた約半分の団体が、新組織として神戸山口組を結成した。警察は、山口組と神戸山口組の抗争を危惧している。

    関連:

    日本警察、ヤクザの新組織「神戸山口組」幹部を逮捕
    日本警察 「ヤクザ戦争」を懸念
    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント