13:03 2018年11月19日
三菱リージョナルジェット

三菱リージョナルジェット 2度目の試験飛行

© AFP 2018 / Kazuhiro Nogi
日本
短縮 URL
3183

19日、日本にとって国産初のジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」が、2度目の試験飛行を実施した。

試験飛行は名古屋空港で行われた。なおMRJは11日に初飛行を行っている。新たに製造された航空機の安全性を証明する「型式証明」を取得するためには、2017年前半までにMRJ試験機5機で、少なくとも2500時間飛行する必要がある。

MRJは、三菱重工業の子会社、三菱航空機が開発している。なお日本で国産旅客機が開発されるのは約半世紀ぶり。MRJは昨年10月にお披露目された。MRJの航続距離は1800キロから3700キロ。

三菱航空機は現時点で、複数のタイプのMRJ合わせて407機を受注している。2017年にも納入が始まる見込み。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント