08:17 2018年11月17日
箱根山周辺の噴火警戒レベル変更

箱根山周辺の噴火警戒レベル変更

© AFP 2018 / Kazuhiro Nogi
日本
短縮 URL
0 40

日本の中央気象台は箱根山周辺の大涌谷における噴火警戒レベルを引き下げた。警戒レベルは5段階中の「1」になった。

今年5月、火山活動の活発化により、警戒レベルは「2」になり、6月末には「3」になった。火山活動が特に活発なエリアには立ち入りが禁止された。

9月、気象台は、警戒レベルを「2」に引き下げていた。

学者らによれば、最後にこの一帯で噴火が起こったのは1170年のこと。大涌谷では一定の火山活動が続いているという。

タグ
火山, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント