07:17 2017年03月28日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    高浜原発、核燃料倉庫で非常事態

    高浜原発、核燃料倉庫で非常事態

    © AFP 2016/ Kazuhiro Nogi
    日本
    短縮 URL
    15113361548

    日本で原発の原子炉への核燃料の運び入れの際に非常事態が起こった。核燃料の扉が運び入れのためのコンテナーにひっかかり、非常用ブザーが作動した。事件が起きたのは使用済み燃料保管庫内部で、この結果、問題解決までにすべての作業が6時間にわたって停止された。

    非常事態の起きた高浜原発第3、第4原子炉は今年4月すでに県の地方裁判所の決定で災害時に住民に危害を与える恐れあがるとして停止されている。原子力規制委員会側は同原子炉は福島第一原発事故以来導入された新安全基準に照らしても脅威をもたらしていないと判断したにもかかわらず、停止の決定が取られていた。

    ところがその後、福井地裁は第3第4原子炉の再稼動を禁ずるこれまでの決定を取り除いた。これにより2016年1月ないしは2月にも原子炉は全出力での稼動にいたるものと考えられている。国、および県知事から取得せねばならない必要な許可書はすでに受け取っている。

    タグ
    事故, 原発, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      カネと核兵器を生み出す原発を再稼動させれば放射性廃棄物を増やし、次の過酷事故も時間の問題 

      【核兵器開発の疑惑】
       福島第一原発事故では日本側の秘密主義が疑念を呼んでいる。核兵器に関係した作業が行われていたのではないかという疑惑だ。日本は1980年代からアメリカ支配層の一部勢力から支援を受け、事故の時点で70トンの兵器級プルトニウムを蓄積していたとジャーナリストのジョセフ・トレントは主張している。

       外国の専門家を受け入れようとしない東電だが、事故の1年前、セキュリティ対策でイスラエルのマグナBSPという会社と契約している。セキュリティ・システムや原子炉を監視する立体映像カメラが設置されていたという。これはエルサレム・ポスト紙やハーレツ紙が伝えている。

      イスラエルと東電(日本の原子力産業)が結びついていることは疑惑を招く一因だ。
      (桜井ジャーナル)
    • avatar
      blue-dragon

      高浜と川内は日本の終わりの始まり・・・。

      このままだと関西も九州もまたテロリスト国家イスラエルとアメリカにやられる。

      破壊されたらロシアにも放射性ブルーム行きますのでヨロシク。
    • ネットもぐら
      今年も残すところ僅か、チェルノブイリ原発事故から死者数が爆増した5年を間も無く迎える。あっちでもこっちでも考えられないスカタンな事故が後を絶たない。この国は間も無く機能不全を迎える。
    • avatar
      blue-dragon

      高浜原発が爆発したら、もちろん放射能ブルームは偏西風にのって北上し、ロシアのドメインにも行く。ウラジオストクやナホトカにはもう住めなくなるだろう。

      福島のときは「高濃度に放射能汚染された水はアメリカの命令、海に流せ!」で太平洋に放たれた。

      なんせ日本の原発安全管理全てはナゼだか「イスラエルのマグナBSP」という会社がやっているので事故が起きればイスラエルの責任だ。

      つまり高浜がマグナBSPのテロか過失か?!で爆発したらイスラエルの責任で、日本海に流せばアメリカの責任だ。

      日本海は太平洋に比較するときわめて面積が小さいので恐ろしく高濃度の放射能汚染海となること間違いなし。もちろんロシア領のオホーツク海もたっぷり放射能汚染海と化する。

      ナチュラルな地震も掘削船ちきゅう号による地震も原発セキュリティも日本のコントロールの外にあるという原発を動かすんだから、まぁどんな地獄がまっているのか言わざるもがなだ。

      【Fukushima - radioactive contamination/dispersion in the pacific sea 】
      www.youtube.com/watch?v=j7UQXfN-J4E

      ↓ダビデの星に生贄として掲げられた日本。Out of Control 高浜も川内も、いずれ同じような碑が立つだろう。

      【福島に近い宮城県南三陸町にイスラエルから送られた311テロ成功の碑】
      2.bp.blogspot.com/-i-XnPYTDqqc/Ub1rrbYYyXI/AAAAAAAACr0/I1oQIHuRY50/s1600/%25E6%25A0%2584%25E5%2585%2
    • avatar
      ohasirasama
      安倍政権は原発再稼働を強行した責任を取り集団自決するべきだろう。それと原発再稼働を強行したアメリカ政府一同も集団自決しなければ話にならない。
    • avatar
      blue-dragon
      ↓ロシアの皆さん、「掘削船ちきゅう号」はこんな怪しいことしてますよ!
      地震調査とウソぶいてプレートの境、アスペリティに爆発物を仕掛けているようです。

      ↓ちきゅう号の関係者が、「人工地震をおこさせます。」とはっきり断言しております。
      【地下深部掘削船「ちきゅう」関係者の「人工地震」発言 】
      www.youtube.com/watch?v=XfR9xzHls0g

      【【貴方知ってます?】 海底深部探査船ちきゅう 【不良外人満載船】 】
      www.youtube.com/watch?v=t_VgQW9rnpc
      (6min20sec) 「地震断層を観測することがシナリオを作るためにどうしても必要・・・」と?
      えっ?!この研究者、はっきりと「シナリオ」って言いましたね?なんのシナリオですか? 

      「研究という掘削の目的は何かを隠すため、シナリオ作りのため」にやるってことですね。

      マジあやしー。川内も高浜もコレでやるつもりですよ。用心してくださいね、ロシアの皆さん。
      ・・・・・・・・・
      www.sof.or.jp/jp/news/101-150/119_2.php
      「ちきゅう」は、水深2,500mの海底から7,000mの深さを掘削できる。これによってプレート境界震源域に到達可能である。海溝から陸側の斜面に図2に示したような、掘削孔観測と海底面観測ステーションをケーブルでつなぎ、さらに定期的に人工地震波を発信して、地下構造の時間変化も追跡する(能動的なトモグラフィック探査)。」

      「1944年、1946年の東南海、南海地震から、約60年が経過した。巨大地震発生の日は確実に近づいている・・・」

      との記述あるが、南海プレートの地震は古文書の記録と地質調査からから90年~150年周期でやってくることが明らかにされている。つまり前回の地震からまだ60年しか経っていないので、自然状況下で言えばあと30年はエネルギーがたまっておらず、地震は起こりえない。なのに、さもいつおきてもおかしくないような記述は明らかに人工地震を起こしたときの正当性を今から下ごしらえしているとしか思えない怪しさである。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・
      【人工地震のための海底掘削事前調査活動】
      「米国1%の手先である笹川一味が、米国の都合に合わせて地震を起こすそうです。了解しました。」
      richardkoshimizu.at.webry.info/201512/article_177.html

      「海洋政策研究財団(OPRF)は2015年4月1日より笹川平和財団と合併し、今後、笹川平和財団海洋政策研究所として活動を展開いたします」

      -地球深部探査船「ちきゅう」の役割-
      www.sof.or.jp/jp/news/101-150/119_2.php
      www.sof.or.jp/jp/about/history.php
    新しいコメントを読む (0)