00:23 2017年08月17日
東京+ 22°C
モスクワ+ 24°C
    沖縄

    日本、米国人パイロットにレーザーを照射した市民に罰金50万円

    © AFP 2017/ Toru YAMANAKA
    日本
    短縮 URL
    0 47337

    日本の沖縄地方裁判所は56歳の地元住民に対し、米空軍基地のパイロットの視界を妨げようとレーザー光線を照射したとして、50万円の罰金を命じた。今日、共同通信が伝えた。

    男性は今月7日、米軍普天間基地が「7月から11月にかけ、何者かが、飛行中の航空機またはヘリを目がけ、レーザー照射を行った」と発表したことを受け、逮捕された。7月1日に海兵隊員4人を乗せたヘリが自宅上空300mを訓練飛行した際にレーザーを発射した容疑が事実と認定された。このとき男性はレーザーを9分間にわたり使用し、結果、訓練飛行は取りやめになった。

    警察によれば、2010年以降、47都道府県のうち8自治体で、民間航空機のパイロットに対するレーザー照射が152件報告されている。

    タグ
    日米関係, 米国, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント