00:01 2017年08月20日
東京+ 23°C
モスクワ+ 31°C
    死に至る恐怖のジカ熱、日本への上陸はあるか?

    死に至る恐怖のジカ熱、日本への上陸はあるか?

    © AP Photo/ Leo Correa
    日本
    短縮 URL
    1465605

    日本政府は、世界保健機構(WHO)がジカ熱蔓延に関連して緊急事態を宣言した事を受けて、関係省庁対策会議を設置した。2日、菅官房長官が、午前中の記者会見で明らかにした。

    ジカ・ウイルス蔓延という危機的事態に対応する、この会議は、2日、日本時間午後に初会合を開く。共同通信の報道では、今のところ、日本国内では、ジカ熱感染者は報告されていない。

    ジカ熱は、通常、サルの間で広がる急性伝染病だが、時折、特別の蚊(Aedes albopictus)を通じて人間にも感染する。高熱が出るのが特徴だ。この病気に感染しないよう特に注意しなければならないのは、妊娠中の女性で、感染した場合、潜在的に重度の脳障害を伴う「小頭症」の赤ちゃんが生まれる危険性がある。

    2015年末までに、ジカ熱感染者は、世界27カ国で報告されている。一連の国々では、非常事態が導入された。

    日本にも、問題の蚊(Aedes albopictus)が生息しているが、冬場は活動的ではない。しかし2014年夏、熱帯のような暑さになりデング熱が発生したように、地球の温暖化に関連して、この蚊が、危険なウイルスを蔓延させる可能性が十分ある。デング熱騒ぎの時は、東京の中心部にある公園の池に、デング熱を媒介する蚊が大量に発生し、公園そのものが閉鎖された。

     

     

    関連:

    世界を覆う新ウィルスの恐怖:ジカ熱、拡大止まらず
    ジカ熱の初の感染例が欧米で報告
    南米、ジカウィルス蔓延で2018年までは避妊の勧告
    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント