14:30 2018年02月21日
東京+ 8°C
モスクワ-13°C
    日本人は国から無条件でお金を支給されたとしても仕事を辞めない

    日本人は国から無条件でお金を支給されたとしても仕事を辞めない

    © Fotolia/ Kungverylucky
    日本
    短縮 URL
    23207

    スイスでは、有職か無職かにかかわらず、国が 国民一人一人に対して毎月2500スイスフラン(約2250ユーロ)を支給する可能性があるという。このニュースは、通信社「スプートニク」のサイトの幅広い読者たちの共感を獲得した。

    そのため「スプートニク」はツイッターで、国が国民に対して生活に必要な最低限の額を無条件で支給するベーシックインカムに関する世論調査を実施した。

    世論調査には、369人が参加した。調査では、「毎月2250ユーロが支給されたとしても、あなたは仕事を続けますか?」という質問に、回答者の73パーセントが「はい」、27パーセントが「いいえ」と答えた。

    同データから、「日本の人々はお金のためだけに仕事をしているわけではな」という結論を導くことができる。

    そしてもしロシアの偉大な作家レフ・トルストイがこの世論調査に参加していたならば、恐らく彼も「はい」と答えたことだろう。なぜならトルストイは、「最も驚くべき誤解の一つは、人間の幸福とは何もしないことであるというものだ」との言葉を残しているからだ。

    関連:

    スイス:毎月2250ユーロのベーシックインカムは、実行可能なアイデアか?
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント