23:30 2017年07月20日
東京+ 27°C
モスクワ+ 21°C
    日本 防衛などに関する約2万件の情報流出の疑い

    日本 防衛などに関する約2万件の情報流出の疑い

    Pixabay
    日本
    短縮 URL
    1519111314

    NHKは7日、日本年金機構へのサイバー攻撃で使われたのと同じタイプの特殊なウイルスに企業や団体が感染し、先端技術や防衛に関する情報など2万件以上が流出した疑いがあることが取材で分かったと報じた。

    NHKによると、1000を超える企業や団体が特殊なウイルスに感染したという。

    NHKは、流出した疑いのある情報の中には、「防衛関連のメーカーが、防衛装備品の輸出を進める際の方針について確認した打ち合わせメモや、政治家の行動予定、自治体の全国組織のメールを閲覧するためのIDとパスワードなどの情報」が含まれていると報じた。

    なお感染したウイルスは、昨年5月の日本年金機構へのサイバー攻撃で31台のパソコンが感染し、125万件の個人情報が流出した際に使用されたウイルス「エムディビ」と同じタイプの特殊なウイルスだという。

    日本年金機構がサイバー攻撃を受け、125万件の個人情報が流出した問題は、日本で大きなスキャンダルとなった。専門家たちは、中国のハッカーが関与している可能性があると主張しているが、それを裏付ける具体的な証拠は見つからなかった。

    タグ
    ハッカー, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント