14:28 2018年12月10日
Японский изобретатель Есиро Накамацу на презентации самозащитного парика для Дональда Трампа

日本人発明家 トランプ氏に護身用かつら贈呈(動画)

© © Screenshot: 日仏共同テレビ局フランス
日本
短縮 URL
2213

発明家のドクター中松(本名:中松義郎)氏が、内側に手裏剣が仕込まれているというかつらを発明した。中松氏は、このかつらを次期米大統領候補のドナルド・トランプ氏に贈呈すると発表した。

ドクター中松氏によると、このかつらは護身用で、暴漢だけでなく、政治的なライバルも撃退することができるという。

この一風変わった護身用品は、一見したところ金髪のかつらだが、内側には手裏剣が仕込まれているほか、ひもが付いているため、相手にかつらを投げつけた後、たぐり寄せて手元に戻すことができる。

ドクター中松氏によると、このようなかつらは、その政治的スローガンを「米国嫌いにさせよう(Make America hate again)」と簡潔に表現できる政治家にとって有益である可能性がある。
なおトランプ氏がこの独創的な護身用かつらを使用することは恐らくないと思われる。

87歳のドクター中松氏は、その珍しい発明で知られている。中松氏は、自分は宇宙エネルギーで動く永久機関の製作者だと指摘している。

関連:

トランプ氏とクリントン氏が「スーパーチューズデー」の勝利者に
メキシコの大統領経験者二名、トランプ氏をヒトラーと比較
トランプ氏 ネバダ州でも勝利。共和党の「人気者」の地位を強化する
ヒラリー氏かサンダース氏か、トランプで選出
タグ
日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント