03:11 2018年02月19日
東京+ 2°C
モスクワ-3°C
    福島第一原発

    米仏 福島第1から核燃料を取り出すために日本を手助けへ

    © AFP 2018/ POOL / Issei KATO
    日本
    短縮 URL
    427

    日本は、福島第1原子力発電所の廃炉に必要な溶け落ちた核燃料の取出しなどの技術開発で米国とフランスと連携する。日経新聞が13日、報じた。

    福島、事故から4年の姿
    © 写真: Arkadiusz Podniesinski/REX
    日経新聞によると、米国とは「溶けた核燃料の取り出しや設備の解体に伴って発生する放射線廃棄物の管理や処理」で連携し、フランスとは「状態の把握などに必要となるロボットや画像処理」で連携するという。

    日本は現在、汚染水を処理するために米キュリオン社と仏アレヴァ社の技術を用いている。

    タグ
    福島, フランス, 米国, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント