12:51 2017年09月26日
東京+ 24°C
モスクワ+ 11°C
    韓国、諜報機関が個人通信の追跡ソフトを秘密裏に使った恐れから大スキャンダル

    日本、ストーカー被害年間で2万件を超える

    © Flickr/ Robert S. Digby
    日本
    短縮 URL
    221403

    日本の警察庁が2015年にストーカー被害の相談や通報を2万件以上受けたと発表。17日、NHKが伝えた。

    加害者が検挙された事件は2415件。ストーカー規制法違反が行われたのは677件。脅迫が362件。住居侵入が315件に殺人未遂が11件だった。

    過去4年間のデータと比較すると、2015年は相談及び通報件数が3.7%減と初めて減少し、合計で2万1968件だった。

    ストーカー行為としては、迷惑電話やプレゼントの押し付け、追跡、インターネットでの中傷、その他の脅迫行為などが挙げられる。

    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント