13:27 2021年10月17日
日本
短縮 URL
5108
でフォローする

近畿大学農学部の林孝洋教授:農産者らが土壌の代わりに用いたのは薄いポリエステル・ファイバー。

このポリエステル・ファイバーが消費者が汚染土壌に対して抱く危惧感を取り除いてくれる新メソッドになりうる。 福島県の農産者が作物栽培のために人工土壌を用い始めている。これは2011年3月の原発事故後に失われた消費者の信用回復に期待をかけての試みだ。

関連:

ラジオ「スプートニクニュース」 フォーマット変更へ
タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント