17:00 2019年12月11日
浜岡原発

浜岡原発の周囲に津波防護コンクリート壁が完成

© 写真 : IAEA Imagebank
日本
短縮 URL
518
でフォローする

中部電力は静岡県の浜岡原発の周囲における津波防護コンクリート壁の建設を完了させた。共同通信が伝えた。

2011年3月の大津波の後、太平洋に面する同原発の周囲に、長さ1.6km、高さ22mの防護壁の建設が始まった。駿河湾で同規模の地震が起きた場合、同原発のある御前崎市には最大で高さ19mの高波が起こると考えられている。

中部電力浜岡地域事務所の村松立也専門部長によれば、原発周囲への防護壁の建設は、地震や津波への対策が取られていることを意味する。総工費は4000億円という。

タグ
原発, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント